刺激のない人生を180度変えたいと強く願うあなたは、たった一つの出会いから人生大逆転がこれから待っています!

現在大学2年生のサンリューです!受験で失敗続きの過去があります、、、高校入試→大学入試と失敗し、18年間も親を悩ませてきました。僕は何もできない人間になってしまったと思い込みました😭しかし、大学2年生になってある人との一つの出会いで失敗続きの過去から抜け出すことができました‼変わることができないと思い込んだら一生変わりません。変わりたいと思ったなら僕のブログを見て、どのように変わっていったのかを重視してそれ通り実行してみてください!僕のブログがあなたの人生を変えることができれば幸いです✨

勝ち組になるための環境と方法

f:id:kuribotch:20200816025719j:plain


 

こんにちは、サンリューです!

 

今、僕は20歳で

インターネットを使ったビジネスをして、

月10~20万円ほど安定して稼いでいます。

 

インターネットを使ったビジネスって

いろんなビジネスに応用できるので、

他のビジネスをやっている方たちとの

交流もたくさんあります。

 

そこで思うのが、やはり

勝てるジャンルをやるのが正攻法

ということ。

 

別に僕が何かほかの人より

優れている部分があるか

と言ったら、ありません。

 

強いて言えば、

ますかけ線があるだけです。

(ますかけ線でも鎖状なので運気半減らしい)

 

でも、普通に勝てる。

 

勝てるから、大半の同い年の人間よりも

自由な生活は送ってる。

 

実際やってる起業家さん

よりも稼いでる。

 

もちろんネットワーカーみたいな

ビジネスマンたちよりも。

 

適切な努力をすれば

人生早めに楽な生活を

送ることは可能です。

 

今回は、そんな話について

お話ししていきます。

 

 

本記事の内容

 

 

 

お金を稼ぐ=交換

f:id:kuribotch:20200805122225j:plain

 

今回は、主にビジネスマンをメインに

お話していこうと思いますが、

そもそもお金を稼ぐというのは

価値の交換です。

 

お金というのは

正直、紙切れだったり、

コインでしかありません。

 

1万円なんて1枚作るのに

30円しかかからないんですよ!?

 

本来、30円の価値でしか

ないわけです。

 

お金自体を重宝する方って

結構多いですけど、

本来、価値を得るためのツールなので

そこら辺を理解しておいてほしいです。

 

お金をもらうというのは、

何かしらの価値を交換することなんですが

この交換をうまくできる人間がお金持ち

なわけです。

 

何かとビジネスをするっていうと、

難しく考える人が多すぎる。

 

でも、

交換が上手くできれば何でもよくて、

例えば、僕は小学校時代にポケモン

すごくハマっていました。

 

いろんなポケモンを捕まえて、

持っていましたし、

実力も結構ありました。

 

だから、伝説のポケモン

捕まえ方とか熟知してたので、

その方法を友達に教えたり、

僕が持っていた最強のポケモン

友達にあげたり。

 

そうやって友達にとって

勝ちとなるものを提供したら

その対価として、お菓子をもらったり

逆に僕のできないことを教えてもらう。

 

これが大人になってくれば、

お菓子ではなく、お金に変わる。

 

それだけの話です。

 

 

できることを見つけろ

f:id:kuribotch:20200816025937j:plain

 

今の話から分かるように、

価値を与えるというのは、

自分ができて

相手にはできないことを

与えてあげることでいいんです。

 

別に、とびぬけたものがないから

価値を与えることができないか

って言ったら、それはNOです。

 

価値があるかどうかというのは

受け取った相手、

つまりお客さんが決めることなので。

 

だから、

お金を稼ぐというのは

本当に簡単です。

 

初めは、自分ができる範囲で

やれることをやるだけです。

 

例えば、

一番わかりやすい例としては、

不用品販売とかです。

 

僕ははじめの方は、

バイトをするのはもちろんのこと、

部屋の中にあるいらない本とか服を

売りまくりました。

 

めちゃくちゃ部屋の中がすっきりして

うれしかった記憶があります。

 

結果、1、2万円くらい稼げて

それを自己投資として教材代に

あてるといった感じでした。

 

そうやって、自分のできることをやって

とりあえずお金を集めて

そのお金を投資にあてて

自分のできる範囲を広げていきます。

 

これをひたすら繰り返ししていけば

ビジネスで数十万円とか

数百万円稼ぐというのは、

絶対可能なんですよ。

 

お金を稼ぐっていうのは

そういうことです。

 

まずは、自分のできる範囲で

価値を交換していって、お金を貰って

そこで稼いだ元手を自己投資にあてて

範囲を広げていく。

 

これを徹底してください!

 

 

上に行けば行くほど勝てる場所を見つけろ

f:id:kuribotch:20200816030240j:plain

 

そうやって

自己投資をしていって

できる範囲を広げていくプロセスを

ひたすら踏んでいくわけです。

 

しかし、どの分野もそうですが、

上に行けば行くほど、

自分がどれだけ無力なのかを

痛感します。

 

学校の部活の中では、

ぶっちぎりの1位でも

県大会とか全国大会に行けば、

予選突破すらできない。

 

そんなことはザラなわけです。

 

そこで伝えたいのが、

上を見上げても、

絶望するだけだから

自分の勝てるフィールドで

戦う頭を使え!

ということ。

 

世界を見渡しても

上を見上げても

勝てないやつは勝てません。

 

僕が、孫正義と戦って

勝てるかと言われたら、

不可能です(笑)。

 

もしかしたら、

いつかは勝てるかもしれませんが、

今の段階で同じフィールドで戦っても

成果とか実績は生まれません。

 

成果が生まれなければ、

やる気もそがれますし、

そもそも生活ができなくなるわけです。

 

なぜなら、

お金が生まれないので。

 

なので、

スキルを着けたとしても

それを適切につかって

どこで勝つか?を考えましょう。

 

なんで、何も持っていない大学生が

インターネットを使って月10万円とか

稼いでいるのかというと、

勝てるフィールドを選んでるからなんです。

 

・勉強もできない

・話し方が下手くそ

・顔がいいわけでもない

 

もともと持っているものなんて、

乏しいものばかりです。

 

だから僕は、

持ってる武器を最大限に活用して

その武器を持っていいない人の代わりに

敵を倒してあげる。

 

というような価値提供しか

してないわけですよ。

 

僕の知ってる範囲の知識を

それを知らない人に教えて

感謝されてお金が生まれてる

というわけです。

 

 

できることだけでいいなら、誰でもできる

f:id:kuribotch:20200816030418j:plain

 

ここで伝えたいのは、

誰でもお金は稼げるということ。

 

それも

労働収入ではなく、権利収入。

 

つまり、不労所得

 

僕はいま現在、お金が入る瞬間は

ほぼほぼ日常生活を送っているときです。

 

何気ない日常生活をしているときに、

ポンと入金されたりするんです。

 

怪しいと誤解されることが多いですが。

 

ここで、

不労所得が入ってくる仕組みを

 明確に説明できますか?」

と質問する。

 

もし説明できないのであれば、、

非常にもったいないなって思います。

 

それを知らないだけで、

あなたの道は狭いままです。

 

僕は、そういった仕組みに関しては、

ブログとかYouTubeとかメルマガとか

全部無料で公開されているもので

勉強しました。

 

お金を使わずとも、

不労所得の仕組みを知るだけなら

誰でも情報を得られる時代です。

 

知らないだけで人生損することって

めちゃくちゃあるし、逆に言えば、

知ってることが多い人間ほど、

この世の中が勝ち組です。

 

あなたがこの記事を読み終わった後、

どんな行動をするのかは

僕にはわかりませんが、

 

これだけは言えます。

 

自分のできることで

勝負をするだけなら

誰でもできるだろ

 

この記事を通して、

あなたの未来が

少しでも変われば

幸いです。

 

以上。

 

ネットビジネスってなに?

 

f:id:kuribotch:20200816025523j:plain

こんにちは、サンリューです!

 

僕のブログでは主に、

ネットビジネスに関してお話していますが、

「そもそもネットビジネスって何?」

と疑問に思うと思います。

 

今回は、胃からネットビジネスには

・どんな種類のビジネスがあるのか?

・何が一番おすすめなのか?

をお話ししたいと思います。

 

 

本記事の内容

 

 

 

こんなにも多様なネットビジネス

f:id:kuribotch:20200816025557p:plain

 

早速、どんな種類のビジネスが

あるのかご紹介していきます。

 

 

【オークション】

 

まず初めに、

オークションというものを紹介します。

 

これは結構有名なのではないでしょうか?

 

ヤフーオークションなどは

かなり利用されていますよね。

 

改めて説明すると、

自分のいらなくなったものをネット上に出品し、

「それ欲しい!!」と思った人が入札し、

複数の人が入札した場合は、

最も入札価格が高かった人に

売ることができるビジネスです。

 

 

アフィリエイト

 

次にアフィリエイトです。

 

これも最近よく耳にします。

 

アフィリエイトは、

企業や他人の商品を紹介して、

自分の紹介で誰かが購入してくれると、

報酬がもらえるビジネスです。

 

わかりやすい例でいえば、

YouTubeの案件付きの商品紹介です。

 

YouTuberが紹介する場合、

純粋に広告塔として影響力があるので、

事前に報酬をもらっていると思いますが、、

 

アフィリエイトでは、

あのように誰かの商品を紹介して、

代わりに売って報酬をもらうわけです。

 

 

【輸入転売】

 

次に、輸入転売です。

 

これは海外から安く仕入れたものを、

ヤフオクだったりAmazonなどで安く売り、

差額で儲ける商売です。

 

ebayという海外ショッピングサイトは

使いやすいですし、配送手数料を

他より安く済ませられるので、

おすすめです。

 

 

せどり

 

次に、せどりです。

 

これは、リサイクルショップだったり、

古本屋さんなどから、

安くゲームだったり、本を仕入れ、

Amazonなどで仕入れ価格よりも

高く売るビジネスです。

 

単に「販売」や「転売」と

呼ばれることもあります。

 

 

【情報販売】

 

最後に紹介するのが、

情報販売です。

 

これは、ネットビジネスの中でも、

最も爆発的に稼げる

ビジネスモデルです。

 

実際に僕もこのビジネスを採用して、

自分の知識やノウハウを体系化して、

動画やPDF、音声ファイルなどに移して、

ネット上で販売するビジネスです。

 

 

一番のおすすめはコレ!

f:id:kuribotch:20200816025635j:plain

 

ここ目でネットビジネスには

どんなビジネスモデルがあるのか

ざっと紹介しました。

 

その中から僕が思う

一番おすすめのビジネスモデルが、

情報販売です。

 

このビジネスモデルの特徴として、

・在庫を持たない

・原価がほぼゼロ

・利益率ほぼ100%

などがあげられます。

 

あまりピンと来ないかもしれませんが、

他のビジネスモデルを採用している方に

話すと、たいてい驚かれます。

 

ざっくり一言でいえば、

「赤字が出ないから延々チャレンジができる」

といった感じです。

 

すごくないですか!?

 

ただ、いいとこ尽くしというわけでもなく、

やはりデメリットもあります。

 

商品は動画やPDF、音声ファイルなどですが、

最初のうちは作るのがなかなか難しい。

 

そのため言ってることは簡単でも、

いざやるとなると現実との差を感じて

やめてしまう方が多いです。

 

しかし、適切な手順を踏んで、

適切な方法でビジネスを展開していけば、

確実にあなたの人生は大きく変わります。

 

あんまりいうと、

信頼性が失われてしまいますが、

少しでも興味がある方は是非

他の記事も読んでみてみてください!

 

以上。

 

情報起業はオワコン!?

 

f:id:kuribotch:20200813060151j:plain

こんにちは、サンリューです!

 

情報起業に新たな変化を

 

今回は、少し専門的な話を。

 

ネットビジネス、

強いてはインフォビジネスに携わっている方向けに

お話ししていきます。

 

今現在、インフォ業界は

かなり激化していて

ぶっちゃけ言うと以前より簡単に稼ぐのは

難しくなっています。

 

以前は

「誇大広告」として

ものすごい誇張表現をして

プロモーションをかけ、売っていましたが

 

そんなノウハウはもう通用しない

 

みんなそんなもので騙されるなんて

もうコリゴリだと思っているわけです。

 

事実、僕も元々ノウハウコレクターだったので

騙された側の人間です。

 

ただ、諦めきれなかった。

もう一度再チャレンジしたかった。

 

その結果、いまがあります。

 

今回はかなり確信を突いた話です。

 

そんなノウハウコレクタ―でも

這い上がれた

現代のインフォ業界で生き残るための考え方

についてお話ししていきたいと思います。

 

ありふれた情報源

f:id:kuribotch:20200813060229j:plain

 

冒頭にも言ったように

いまの時代、インフォ業界への参入者が

ものすごく多いため

ネットにはいろんな情報が飛び交っています。

 

そのため

より質の高い情報というのを

無料で配っていかなければいけません。

 

当然ですよね。

 

数ある情報の中の一つに区分されるので

少しでも差別化できないと

その時点で淘汰されていきます。

 

目もくれてくれないんです。

 

そんな激化した市場の中で

更に生き残っていくためには

やはりリピーターを作ること

 

いくら無料で良い情報を配っても

バックエンド(最終的に売る商品)がクソだったら

もう自分の商品やサービスを使ってくれることは

ありません。

 

それでは、意味がないんです。

 

フリーランスまたは経営者として大切なのは

継続的に収入源を作っていくこと。

 

そのためにはリピーターが必要なんです。

 

大きく分けて、この二つ。

 

無料で誰よりも良い情報を提供し

差異化を図っていく。

 

有料コンテンツも、さらに充実化し

リピーターを作っていく。

 

それを考えると

マジできつい業界。

 

ただ、これからネットビジネスや

情報起業をしようと思った方に

ここで朗報です。

 

そんな二つを、

シンプルな考え方で実現させる

唯一の方法があります。

 

 

影響力を武器に

f:id:kuribotch:20200806230639j:plain

 

とにかく影響力をつけることです。

 

最近の言い方だと

インフルエンサーとかっていいますかね。

 

とにかく自分のファンを作ることに

専念していくこと。

 

これが今のインフォ業界で

生き残っていく術です。

 

「いやいや、それをつけるのはわかってるわ!
 そのために無料で、より質の高い情報を
 配っていかなきゃいけなんでしょ!?」 

 

まあまあそんな怒らんでおくれ。

 

ただ、少しがっかりする答えになるかも

しれませんが、確信を突く答えを言います。

 

それは、

より質の高い情報は

より数をこなしたものにしか手にできない

という事です。

 

そうなんですよ。

やっぱり、初めは質よりも量。

 

なんでもいいんですけど、

例えば、サッカー。

 

あれも同じ理屈です。

 

質の良い練習っていうのは

数をこなさないとできないんです。

 

だってそうですよね。

 

久保建英選手と同じ練習をするには

彼と同じスキル・筋肉量・肺活量・マインドを

持っていなきゃ同じ練習にはなりません。

 

勉強も一緒。

 

たくさん勉強して

どんどん基礎力が付いていくから

応用ができていく。

 

そして、ビジネスでも同じなんです。

 

ビジネスを少しかじった人間が

ソフトバンクの経営を任されて

上手く経営出来ますか?

 

出来ないじゃないですか。

 

数・量をこなすことで

見えてくる世界っていうのは

変わってきます。

 

これは確実に。

 

もし、自己投資と成果が見合ってないのであれば

それは数をこなせていない証拠です。

 

 

完全実力主義

f:id:kuribotch:20200813060505j:plain

 

この業界

もっと広く言えば

フリーランスで戦っていくのであれば

ココを必ず押さえてください。

 

 

この業界は

完全実力完全歩合の世界です。

 

だから、いくら知識がなくても

適切な行動が出来ていれば

成果は生まれるし

 

めちゃくちゃ知識を持っていても

行動が出来ていなければ

一生成果は生まれません。

 

ゲームと似てます。

 

操作方法とか、どのルート進めばいいのかとか

いまいちわかってなくても

行動していけば、ボスにたどり着く。

 

それに対して

攻略本を持っていて、ゴールを知ってても

初めの村でゴロゴロくつろいでいたら

一生ボスは倒せないし、武器も防具もスキルもつきません。

 

だから、結果的に

成果にも大きく差が開いていくんです。

 

行動した者が勝ちます。

 

量をこなしたものに

質が追いついてきます。

 

これを頭に入れておいてください。

 

 

影響力=信頼

f:id:kuribotch:20200804235431j:plain

 

影響力をつけるには

とにかく数をこなすという事を

お話ししました。

 

それに加えて

もう1つ大切なことがあります。

 

それは、継続すること。

 

ありきたりな言葉でガッカリかもしれませんが

これが事実です。

 

 

 

そして、継続することで

質が生まれるのはもちろんなんですが

もっと重要で、最大のメリットがあります。

 

 

 

それは

信頼を獲得できること

です。

 

 

信頼は、継続でしか

生まれません。

 

 

別にインフォ業界に限った話じゃなく

人生において言えることです。

 

 

周りの信頼できる人間を

思い浮かべてください。

 

 

その中に

昨日知り合った人間が入っていますか?

 

 

いないですよね。

 

 

きっと何年も何十年も一緒にいる

友達や恋人、家族だと

思うんです。

 

 

人間関係で

信頼を獲得するには

何よりも一緒にいる時間、共有時間が

カギになります。

 

 

 

ブランディングがどうとか

コピーライティングがどうとか

言われますが、その背景には

共有時間が長いことが前提にあります。

 

 

 

ネットにおいて表現するなら

メディアへの露出回数が多ければ多いほど

信頼関係を築けるわけです。

 

 

 

それを実現させるためには

継続的に情報発信していかなきゃいけないんです。

 

 

 

これに尽きます。

だから、とにかく継続的に情報を発信していくこと。

メディアに露出していくこと。

 

生き残っていきたいのであれば

これを徹底してください。

 

 

継続するための環境

f:id:kuribotch:20200813053349j:plain

 

ただ、継続が大切っていうのは

誰でもわかってる。

 

 

でも、それができなくて

悩んでる方がものすごく

多いと。

 

 

そのためには

やはり環境への自己投資が大切なんです。

人間は

当たり前のようにサボります。

 

当たり前のように

怠けます。

 

だから人の目がある環境が必要だし

一緒に仕事が出来る人間が

必要なんです。

 

別にこの環境っていうのは

場所だけではなく、

関わる人間も含みます。

 

というか

関わる人間のほうが重要なんです。

 

家よりもカフェのほうが作業出来るなら

そういった場所に投資するのも大切。

 

でも、自宅だったとしても

家庭教師と勉強してたら

きっとカフェよりも集中できると思うんですよ。

 

 

それと同じで

一緒に仕事をしていく、

関わる人間を変えていく

っていうのはものすごく大切。

 

みんな独学でやろうとしますが

それじゃ上手くいかないですよ。

 

10か月やって商品が一つも売れなかった

僕が言うんですから間違いないです。

 

独学じゃ上手くいかないし

知らなくて、また、知らない事すら理解していない状態って

ものすごく危ないんですよ。

 

だって、金づちの人間が

自分は泳げないことを理解せずに

勢いだけで海に飛び込んだら

めちゃくちゃ危ないですよね?

 

それと同じ。

 

実際、上の方にも書いたように

今の時代は無料の情報だけでも

かなり有益なものはたくさんあります。

 

だから、そういったものを見て

知識が増えていくと、だんだんと

「あれ?俺って結構、知ってるんじゃね??」

って過信してしまうんです。

 

僕も以前はそうでした。

 

ただ、そういった知識って

ぶっちゃけ言うと希薄です。

 

めちゃくちゃ薄っぺらいんです。

 

知ってるだけであって

本当の意味で理解し、それを実践するまでは

なかなかできないんです。

 

だから、過信して

知識を得ただけで満足して、

結果として行動せずに何も残らない。

 

 

行動させるための

考え・マインドを構築させるのは

めちゃくちゃ大切ですし、

 

それを本当の意味で落とし込むには

上手くいってる人間から教わるのが

一番確実ですし手っ取り早いんです。

 

最初はプライドが邪魔して、

「いや、今の俺なら絶対にいける」

って思いがちですが、

 

いま今1か月やっても

成果が上がっていないのであれば

絶対教わったほうがいい。

 

これは間違いなくね。

そんなことを伝えて

今回はおしまいにしようかなと。

 

以上。

 

今すぐイヤホンつけて聞いて!

f:id:kuribotch:20200813055530j:plain

 

こんにちは、サンリューです!

 

音声って最強だよね

 

学校の授業でも

英語の勉強でも

ビジネスにおいてもそうなんですが

やっぱり音声学習って最強だと思います。

 

この音声学習を

100%効率よく使いこなせば

確実に知識の習得率も上がります。

 

その結果、

あなたの今後の成果も

爆発的にあがるでしょう。

 

ぜひ、この記事を通して

音声学習の魅力に気づき

そこからあなたの今後の活動に

大躍進をもたらせることを期待しています。

 

 

 

 

活字が苦手

f:id:kuribotch:20200813055639j:plain

 

まず音声学習について語る前に、

僕が「なぜ音声学習にはまったのか」

というのを話していきたいと思います。

 

ストーリー形式でお話していきます。

 

 

【僕が中学生のころ】

 

部活動が終わり、

受験勉強に熱中しているところ

 

勉強ができなくて、

成績が伸び悩んでいました。

 

そんなとき、父親から

「本を読め」と言われます。

 

なぜわざわざ自分で文字を

読み進めなくてはいけないのか

と内心思っていました。

 

それに、言われたら余計やる気が

失われるじゃないですか。

 

後々、「本読んで意味あんの?」

と聞き返しました。

 

そう言うと父親は、

「本読んでるやつは頭いいんだよ」

と言い返してきました。

 

ウソだろw

 

~ここから大学生~

 

大学のレポートを作成するのに

参考う文献とかを利用するわけですよ。

 

しかも、先生によっては、

インターネットじゃなくて

本じゃないとダメみたいな。

 

正直、めんどくさいことなしです。

 

しかし、YouTubeにいろんな芸能人が

出てくる中、東大生YouTuberとかが

現れるわけですよ。

 

メンタリストDaigoさん。

 

Daigoさんは本を読んでいる時間が

一番好きとおっしゃっていました。

 

ここで初めて気づかされるわけです。

 

父親が言っていた、

「本を読んでいるやつは頭がいい」

 

誰しもがそうとは言いませんが、

実際そういった傾向があるみたいです。

 

しかし、僕は、読書は、

地味だし、苦手だし、嫌いだし、

本を読むことは退屈でしかないと思ってました。

 

 

だったら、自分で本を読まずとも、

もっと楽な方法で身に着けられないのか。

 

 

音声との出会い

f:id:kuribotch:20200813055711p:plain

 

そんな感じで

本を読むのを拒んだので、

とにかくYouTubeで動画を

見るようにしました。

 

ただ、YouTube

Wi-Fiを使わないと通信制限くるし

映像見ながらじゃないと

わからないこともあるから

満員電車とかだとあんまり使えないし。

 

電車から降りた後は車で自宅に

送ってもらっていました。

 

その時、父親はいつも

ラジオを聞いていました。

 

僕:「音楽聞かないの?」

 

父親:「ラジオのほうが面白いじゃん!」

 

と言われて全然ピンときませんでした。

 

でも、今になると、

相当重要なことだと気づいたのです。

 

つまり、

ラジオ形式で全く映像がなく、

ただただ音声だけが流れてくる

 

これだ!

 

そこから僕は音声を聞くことが

たまらなく楽しくなりました。

 

 

音声のメリット①

f:id:kuribotch:20200813055855p:plain

 

僕は音声というものに惚れました。

 

いろいろ理由が不純ですが

ただ、不純でも音声を

活用できるようになった今は、

めちゃくちゃ効率UPしました。

 

まず、音声のいいところは

場所や時間を問いません。

 

読書だと、

基本的に明かりがないと

見ることができなかったり、

 

最近だと、

電子書籍も出てきましたが

あれでも満員電車とかだと

普通に邪魔になります。

 

それに比べて音声は

イヤホンを付けて、

ただただ聞くだけなので

暗かろうが人ごみだろうが大丈夫。

 

これが本当に強い。

 

会社員で仕事が忙しかろうが、

そんな言い訳ができなくなるのが

この音声学習のいいところなんです。

 

どれだけ忙しかろうと

イヤホンを付けて音声再生させたら

学習ができてしまうんです。

 

 

音声のメリット②

f:id:kuribotch:20200813055855p:plain

 

2つ目の利点は、

自然にインプットアウトプットができる

ということです。

 

音声学習というのは

もちろん情報をインプットする目的で

活用することが多いですが、

 

実は、その中でも

アウトプットを同時に行える

優れモノなわけです。

 

実際、

知識をしっかりと定着させるためには

インプットとアウトプットを

バランスよく行うことが

大切になります。

 

音声学習の場合、

ただただ流れてくる声を聴くだけで

情報が頭に入ってきます。

 

それに加えて、流れてくる音声を

しっかりと頭に落とし込むには

めちゃくちゃ考えながら

情報を拾わなければいけないんです。

 

そうすると、

頭の中で情報をグルグルと

回していくので、

自然とアウトプットができる。

 

つまり、復習が徹底される

というわけです。

 

「なぜこれが最強なのか?」

 

だって、普段から

「よっしゃ復習しよう!!」

って思える人なんて

いないじゃないですか。

 

僕たち人間は

同じことを繰り返しやると

基本的に飽きます。

 

そして、新しいことを始めると、

めちゃくちゃテンションが上がります。

 

というのも、

新しいこのに触れると、

脳からドーパミンが分泌されて、

モチベやテンションが爆上げすると

脳科学的に証明されているんです。

 

だから、子供は

いつもテンションが高い。

 

毎日が新しいものだらけだから。

 

だから、

普段から復習することがないので

アウトプット不足になり

結果、知識が定着しないと。

 

本当に意識しないと

復習ってできないわけですが、

やっぱりそれを補ってくれるのが

音声学習です。

 

そこがまた、音声の強みなんです。

 

 

音声のデメリット

f:id:kuribotch:20200813060019j:plain

 

メリットがあれば、デメリットが

あるのもおかしくありません。

 

音声のデメリットとしては、

「聞きこむとそれだけマインドが変わる」

ということです。

 

別にこれはメリットと表裏一体

みたいなところなんですが、

そもそも取り入れる情報や知識が

クソだったらその時点で終了してしまいます。

 

情報がよかろうが悪かろうが

定着してしまうのが音声学習です。

 

だから、聞いていく音声を

しっかりと定めるのは大切です。

 

それが今後のあなたのすべてを

決めてしまうといっても

過言ではないくらいです。

 

自分が、「この人!!」

って思えるメンターができたらとにかく

その人の音声だけを聞きまくること。

 

ほかの音声を聞いてしまったら

効果は半減になってしまいます。

 

というのも、

サッカーが上達したいと思って、

 

Aチームの監督と

Bチームの監督と

Cチームの監督の3人から話を聞いても

 

それぞれ考え方や価値観、

練習スタイルが違うわけなので

 

Aチーム→30%

Bチーム→30%

Cチーム→40%

 

くらいの割合でしか

スキルは身についていかないんです。

 

全部中途半端になってしまうんです。

 

極端な例でしたが、

言ってしまえば、それと同じなので、

とにかく一人にメンターを定めたら

その人以外の情報は遮断すること

 

これを徹底してください!

 

そんな時、

「隣の芝生は青く見える」

みたいなことはあります。

 

というか、ビジネスをやっていたら

そんなことはしょっちゅうです。

 

それでも一つの情報、一人のメンターを

貫いた先には必ず望む成果っていうのは

しっかりと得られます。

 

ぜひ、その辺をしっかり

押さえていただけたらと思います。

 

以上。

 

何事も本質を学べ

f:id:kuribotch:20200813054905j:plain


 

こんにちは、サンリューです!

 

今回は、本質の大切さについて

お話していきます。

 

あなたも本質が大事と

今まで散々言われてきた

のではないでしょうか?

 

そんな方でも、

改めて本質に関して、

学術観点からもお話しし、

僕自身の経験や持論も

織り交ぜていきたいと思います。

 

 

 

 

現象学から”本質”に迫る

f:id:kuribotch:20200813054935j:plain

 

あなたは現象学という学問

を知っているでしょうか?

 

ドイツ人哲学者、フッサール

を筆頭に広まった学問です。

 

マイナーな学問分野なので、

知らない方のほうが多いはずです。

 

ただ、この学問分野を学べば、

「本質とは何か?」

という問いに適切に答えること

ができるかと思います。

 

これまた難しい学問ですし、僕も

すべてを網羅しているわけではないので

今回も必要な部分だけを抜き出して

お話します。

 

現象学

 

現象学とは、

「普段意識しないことに目を向ける、

 当たり前に問いを投げかける」

学問といった感じです。

 

哲学自体そういった学問ですが、

それよりももっと現実的なお話

になっています。

 

例えば、

僕たちが車や自転車の運転をするときって

何も意識せずに操作するじゃないですか。

 

無意識的に操作して、

意識はもっとほかの部分。

 

例えば、

歩行者の確認とかに目を向けます。

 

いつも当たり前すぎて、

そんなことを考えないですが、

改めて考えるとすごいですよね。

 

アクセル踏んだり、

車間距離が離隔なったらブレーキ踏んだり、

いろんな操作を無意識レベルで行っている。

 

という感じで、現象学というのは、

いつも当たり前すぎて考えないことについて

改めて考える学問ということです。

 

そして、その現象学に、

核となる考え方があるのです。

 

それが

この世の一切は流れている

というもの。

 

僕たちが生きているこの世界は、

基本的に常に流れているということ。

 

どういうことか??

 

僕たちは、

いろんな経験や認識をし、

その中でたくさんのものを見て、

いろんな変化に応じて

その都度解釈を変えています。

 

なんかよくわからないと思うので、

想像してもらいたいのですが、

 

例えば、

初めて会ったときの印象が

めちゃくちゃ悪かったけど、

その後一緒にいる中で、

いろんな気づきがあって、

最終的にものすごいいいやつだと

わかることあるじゃないですか。

 

そんな感じで、

僕たちは経験をする中で、

いろんな物事に対する

変化に対応していっているんです。

 

さらに身近な例でいえば、

講演を散歩しているところを想像してください。

 

そこの公園の木に一羽のハトが止まっていました。

 

それを見ながら歩いていくんですが、

歩く中でいろんな木々が邪魔をして、

ハトが見えたり見えなかったりします。

 

こんな感じで流れの中で

いろんな認識の仕方があり、

変化の中で生きているんです、

 

また、流れているという意味でいうなら、

僕たちの視界に関しても

不思議な世界が広がっています。

 

人間は固視微動という機能を持っています。

 

これはどういうものかというと、

簡単に言えばブレ修正です。

 

カメラとかも手ブレ修正をするために、

レンズが高速で動いたりしますが、

人間もこの機能がついているんです。

 

人間って、

意識的には絶対に不可能なスピードで

目を小刻みに動かし、いろんなものを見ています。

 

試しに、

全力で目を左右に動かしてみてください。

 

そして、それを録画してください。

 

その後、自然と鏡を眺めてみてください。

 

それも録画してみてください。

 

結果は歴然です。

 

故意的には絶対できない速さで

目が動いているんですよね。

 

逆に、

この固視微動の機能がなくなったら

どうなるかわかりますか?

 

今まで見えていたものが

見えなくなる

 

人の話を聞いてる時も、

僕たちは目だけを見ているようで、

実は高速で鼻や口、眉毛、髪の毛など

いろんな部位を見て、

初めて顔だと認識しています。

 

かなり説明を加えましたが、

現象学が見だすこの世の中というのは、

「この世の一切は流れている」

ということです。

 

今はわからなくても、

この言葉自体だけでも

頭の片隅に入れておいてください。

 

しかし、それではこの世の中

全部が常に動いてるんか?きもくね?

と思われるかもしれませんが、

そうではありません。

 

感のいい方は気づいたかもしれません。

 

ここに今回のお話のポイントが

隠されているんです。

 

 

流れの中で動いてないものが本質

f:id:kuribotch:20200813055152j:plain

 

世の中は基本的に流れの中で成り立ってる

現象学では考えられていますが、

その中でも

流れていないもの

動いていないもの

というものが存在します。

 

それが本質なんです。

 

現象学的観点からお話しすると、

いろいろ学者の方たちに

アンチコメントをいただきそうなので、

この辺にとどめておきますが、

どんなことでも流れていない、

不変のものというのが存在します。

 

そして、厄介なことに

こういった流れていないものって

本当に気づきにくいんですよね。

 

普段は当たり前のようにあるから、

普段は意識していないから、

どうしても忘れてしまう。

 

例えば、

僕たちってこの世の中が存在していることを

前提にほとんど話をしていますが、

なんでこの世が存在してるの?

と言われたらなんとも言えない気持ち

になるじゃないですか。

 

もう分解ができないレベルにまで、

理由などなく、「それはそれだから」

みたいに説明をするものが本質です。

 

祖言う言った意味では、

本質というのは

法則、低利、公式、流れなどに

言い換えられるますね。

 

数学でも

まず定理や公式を覚えないと

解けないですよね。

 

それと同じで、

本質というのを知らなくては

いくら努力しても、

無駄に終わってしまうんですよ。

 

 

本質って言葉、誰が作ったか知ってますか?

f:id:kuribotch:20200813055413j:plain

 

少しややこしい話かもしれないので、

興味のある方だけ読み進めてみてください。

 

あなたは”本質”という言葉が

誰によって作られたか知っていますか?

 

僕も最近知った話で、

実はあの古代ギリシャの哲学者

アリストテレスが作ったんです!

 

名前だけはどっかで聞いたことある

のではないでしょうか?

 

このアリストテレスが言う

本質にも様々な説があるといわれているので、

これが正解というのは言えませんが、

僕が納得した説をご紹介します。

 

本質というのは、

現代の英語で”Essence”などを表しますが、

子の語源はギリシャ語の”Essentia”

という言葉です。

 

ちなみにアリストテレスの師匠である、

プラトンはこのことをイデア

呼んでいました。

 

本質とは、

それを失ってしまったら、

あるものがあるものでなくなるもの

です。

 

ややこしいですね。

 

例えば、机を想像してください。

 

人によって形や大きさ、

デザインは違うとは思いますが、

机には変わりないわけです。

 

その机を形成している要素は

たくさんあるとは思いますが、

そのいろんな要素を一つ一つ

取り除いていったときに、

途端に机が机でなくなってしまう要素。

 

それが本質です。

 

だから、本質というものは

それが失われてしまったから

それがそれでなくなってしまうもの

なんですよ。

 

机の本質があったら、

その本質がなくなったら、

机が机じゃなくなるという感じ。

 

わかりました?

少し想像力が必要かもしれませんが、

これが本質の起源です。

 

このことから本質というのは

「変化したときに初めて、

 本質は生まれる」

ということがわかります。

 

だから、

逆に言えば変化しないものには

本質はないとも言えるんですよ。

 

先ほどの現象学のところでも出てきましたが、

やはり流れの中、変化の中に

不動の存在としているのが本質。

 

逆にその不動の存在がなくなると、

もうそのものではなくなるといった感じです。

 

ビジネスで稼ぐための本質を

学んで実践しないと、

それはある意味ビジネスですらない

ことをしていることになってしまう。

 

ビジネスで稼ぎたいのに、

そもそもビジネスしてなかったら、

そりゃ稼げるわけないですよね。

 

 

本質を知らないまま突き進んでも無駄に終わる

f:id:kuribotch:20200813055435j:plain

 

本質を知らないままに

がむしゃらに努力する方が多い気がしますが、

それは時間の無駄です。

 

先ほど見たように本質からずれていることを

しているということは、

もうすでに目指しているゴールや目的が

変わっているということになります。

 

目指している目標の、

自分が勝負している舞台の本質とは

違うことをしていたら、

そりゃ無駄に終わるでしょって話です。

 

あなたの目指している道が

ビジネスで成功させることでなくても

ぜひ何かに志を持って挑む時には

必ず本質を理解してから、

勝負に挑んでください!

 

そうしないと、

戦う場所がそもそも違って

勝負にならなくなってしまいます。

 

今回もパっと思いついたことを

記事にしていますが、

いかがでしたか?

 

何か気づきなどがありましたら、

ぜひコメントに書いてみてください!

 

以上。

 

キチガイ的な【努力】が押し寄せてくる!!

f:id:kuribotch:20200813054202j:plain


 

こんにちは、サンリューです!

 

遠回り大好き!

 

極端に言うと、

こんな感じの努力をしている方が

めちゃくちゃ多いように感じます。

 

これを僕は、

キチガイ的な努力

って表現しています。

 

今回は、その実態を探るとともに

この記事を読んだあなたには

確実な努力をしてもらい、

成果を出していただきたいと思います。

 

 

 

 

遠回りは疲れる

f:id:kuribotch:20200813054357j:plain

 

キチガイ的な努力をしていると

とにかく遠回りになります。

 

遠回りするって

普通に疲れますよね。

 

本当だったら

もっと短く済むところを

めちゃくちゃ時間をかけて

歩んでいってしまう。

 

例えば、

「俺の名前は”遠回り・大好き人間”

 どこに行くにも遠回りが大好き。

 

 韓国に行くなら船で行くし、

 アメリカに行くなら車で行くし、

 イギリス行くなら自転車で行く~!」

 

本当に的外れな努力!

 

「それ絶対にゴールできないじゃん!!」

って思います。

 

ただ、どの業界を見てもそうですが

8割くらいは、上の人間のようになっています。

 

これは、僕が実感した話です。

 

先ほどの人間みたいに

何も考えずに進んでしまうと

めちゃくちゃただの無駄な努力に

終わってしまうんです。

 

実際、あの人間のルートだと

韓国なら何とか行けても

アメリカやイギリスは

確実に到達できません。

 

 

失敗は経験になる

f:id:kuribotch:20200805003125j:plain

 

「失敗は経験になる。」

みたいなこと言う人がいますが

みんな、言葉の意味をはき違えている。

 

もちろん、成功よりも

失敗から学べることのほうが

大きいのは事実です。

 

失敗したことで

自分の改善点が浮き彫りになるから

その人たちをひたすら潰していく。

 

当然、自分のできないことが

できるようになれば成長できますよね。

 

なので、

失敗することはいい経験です。

 

ただし!

改善したときに限ります

 

 

【経験したこと自体に満足してしまう】

 

経験しただけで改善もしていないのに

満足する人が多すぎる。

 

言ってしまえば、

成功しなくては

失敗がいい経験になったとは言えない

というわけです。

 

成功して初めて経験になるのに

何も達成しなかったら、

ただの無駄な時間です。

 

それは努力を無駄にしてます。

 

それでも行動することに満足する。

 

人間は新しいこと・日常から

かけ離れていることを経験すると、

ドーパミンが出て、モチベが上がります。

 

だから、別に成果が出なかったりしても

結構、満足してしまう生き物なんです。

 

本当に人間はよくできてます。

 

だから、基本的には

成果を出すとか、ほかの人より成功する

というのはできないことなんです。

 

 

基準値の違い

f:id:kuribotch:20200803113858j:plain

 

基本的に、人間は行動するだけで

満足してしまうので、

成果を出すまでやりきる人は

めちゃくちゃ少ないです。

 

イタリアの経済学者

ヴィルフレド・パレートが発見したべき乗則

パレートの法則】がいい例です。

 

パレートの法則は、働きアリの法則と同じ意味合いで使用されることが多く、組織全体の2割ほどの要人が大部分の利益をもたらしており、そしてその2割の要人が間引かれると、残り8割の中の2割がまた部分の利益をもたらすようになるというのもである。

 

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

 

簡単に言えば、

8割の人間は平凡に終わり、

2割の人間は非凡になる

という法則です。

 

もちろん経験則に近いものなので

確実性があるかと言ったら

そんなことはありません。

 

ですが、周りを見渡して

成功している人が身近にいるか

と言ったらいないですよね?

 

それがいい証拠です。

 

成功しないのが当たり前なんです。

 

では、そんな当たり前の中でも

壁を突き破って、成功する人間は

どんなやつなのか??

 

それは、

基準値が人よりも何十倍も高い

わけなんです。

 

普通だったら行動するだけで

「今日はめっちゃ頑張ったわ~」

みたいになって、家でぐっすり寝て、

次の日は元の生活みたいな。

 

そんなものなんですよ。

 

ただ、何かで成果を残す人間は

行動するだけではなく、成果が上がるまで

もっと言えば、自分の理想・夢を叶えるまで

ずっと働き続けるわけです。

 

そして、それがまた

理想とか夢というのが

基本的にスケールがバカでかい。

 

だから、結果として叶えていくまで

クソ長いけど、その分、

「まだまだだな!もっと改善しないと!!」

という感じで長期的に物事を考えられる。

 

だからこそ、

一転集中で、継続的に取り組んでいけるし

それゆえに、成功していく。

 

つまり、

成功する人間は

理想や夢がめちゃくちゃ大きい

というわけです。

 

さらに掘り下げていくと、

成功している=理想が大きいなら

成功していない=理想が小さい

ということになります。

 

 

夢を持つ若者が少なすぎる

f:id:kuribotch:20200813054700j:plain

 

現代の子供たちは、

夢をあまり持つ人が少ないです。

 

実際問題で、僕たちの周りを見渡しても

夢なんて語っている人いなくないですか?

 

仮に夢とか理想を語っていたとしても

「俺は公務員でいいかな~。

 安定して給料もらえるし。」

 

みたいな感じで、

めちゃくちゃスケールが小さいんですよ。

 

「いや、あなたは今まで

 公務員になるために

 学校に通っていたんですか?(笑)」

 

「夢を持てない若者が多い」

 

この問題に関しては、

口うるさいかもしれませんが、

何度でも言います。

 

本当だったら、

もっとこうしたいのに。

 

本当だったら、

こうなればいいのに。

 

絶対、誰しも心の中に抱えている

夢ってあると思います。

 

それを持ってるなら

せっかく人生1度きりなんだし

挑戦しようぜって。

 

夢を追いかけられない人は

自分自身に素直になれていない

だけなんです。

 

素直になれば夢だって追いかけられる。

素直になればもっと理想を大きくできる。

素直になれば絶対に信じてやっていける。

 

何事も素直が一番!!

って子供に言ってる大人が

一番素直じゃないって

許せないです!

 

就職して夢が叶いますか?

就職して、世界一周できますか?

そんな時間ありますか?

お金はありますか?

 

ないじゃないですか。

 

就職して夢が叶ってる人間なんて

見たことありませんし、

理想の生活を送ってる人間も

見たことありません。

 

仮に収入が高い会社員でも

時間に縛られているから

全然自由な生活じゃないです。

 

全然、理想の生活じゃないです。

 

最近は年金問題や終身雇用問題とか

いろいろめんどくさいことが重なってて

 

「対策した方がいいんじゃないか?」

 

って騒がれていますが、僕は

対策なんてできないと思ってます。

 

何でって、

落ちるところまで落ちると

這い上がることはできない

からです。

 

例えば、末期がん。

 

がんになってから医療保険に入っても

意味ないですし、抗がん剤治療をしても

もう手遅れなわけです。

 

対策できないものは対策できません。

 

そうじゃなくて、そうやって

死ぬ瞬間に後悔しない人生を

送ることが大切

だと僕は思います。

 

別に、いくら今日が嫌な日でも

いくら明日が不幸でも

人生振り返ったときに満足だったら

いいじゃないですか。

 

では、逆に考えてみて欲しいんですが

失敗して嫌な経験をするのを避けて

自分のしたいことを避けていって

何もなく人生おわつのってどうですか?

 

一番それが公開すると思います。

 

よく言われることで

「やらなかった後悔より、

 やらない後悔」

のほうがよくないですか!?

 

やらなかった後悔って

めちゃくちゃ大きいと思います。

 

なので、せっかくこの記事で

僕に出会えたわけなので、

自分の叶えたい夢というのを

もう一度、設定してください!

 

それも、

スケールの大きな夢を!

 

そうすれば

失敗したときもそれで満足せず

改善点を見つけて

成長につなげられるはずです。

 

そして、ブレずに継続的に成長していけば

絶対に夢というのも叶うわけです。

 

人間は想像できるのもを

現実に起こすことができるので。

 

ぜひ、いい結果になるように

期待しています!

 

以上。

 

信じる者が儲かる

f:id:kuribotch:20200813053639j:plain


 

こんにちは、サンリューです!

 

とにかく信じてくれ

 

人信じるってそんなに

いけないことですか?

 

詐欺やだまし取りなどが

増えている現代ですが、

信じて損するのはそれくらいです。

 

インターネットも発展した時代で

顔も見えない相手と繋がるなんて

そんな怖い話はありません。

 

しかし、そんな中で

人に役立つ情報というのを

発信し続けている人もいるわけです。

 

そのありがたみを疑う人が多い!

 

人のために活動してる人が、

疑われてその人の人生をぶち壊す。

 

こんな世の中を見てると、

心が痛みます。

 

今回は、信じることの大切さ

についてお話していきます。

 

信じることこそ、

感謝する気持ち!

 

 

 

 

信じる者こそが儲かる

f:id:kuribotch:20200813053721j:plain

 

タイトルにもしましたが、

”儲かる”という字は、

「信じる+者」

という言葉が組み合わさってできています。

 

言葉遊びみたいな感じですが、

実際間違っていないですよね?

 

儲かっている人は、とにかく

自分のことも、

師匠のことも、信じている

 

これにつきます。

 

99%はだめです!

100%信じるんです!

 

99%って実はめちゃくちゃ辛いです。

 

懸垂を思い浮かべてみてください。

 

この時、

100%ひじを伸ばし切って、

鉄棒にぶら下がれば、

何の負担もかかりませんよね。

 

それに対し、

1%だけひじを曲げると

どうなるか??

 

めちゃくちゃ中途半端な状態になって、

死ぬほど腕がきつくなるはずです。

 

もちろん腕の筋肉をつけるには

そういった負担は必要ですが、

必要のない負担をかけるのは

ただ愚かなだけです。

 

99%しか信じられていない人。

 

それは、とにかくつらい状態で、

もったいないことをしています。

 

100%信じる!
100%自分は稼げる!

100%この人についていく!

 

バカバカしいと思ったらそこで終わりです。

 

自分の頭が麻痺するくらい信じてください!

 

 

思考は現実化する

f:id:kuribotch:20200813053803j:plain

 

よく言われることですが、

その人が想像できることは

実現できる

 

思考は現実になるとも言いますが、

これは脳科学的にも証明されていることです。

 

人間の脳って面白いもので、

やはりこの脳がちょっとでも変わるだけで、

見えてくる世界が変わり、

やがて住む世界も変わっていきます。

 

やってみたいと思ったなら、

やった後の自分を想像してみてください!

 

それが、現実に最も近づける

想像するコツです。

 

 

本当は違う

f:id:kuribotch:20200813053931j:plain

 

ただ、ここで誤解を招きたくないので、

真実を伝えます。

 

”儲かる”という字は、

「信じる」「者」で構成されている

ように見えますが、実は、

語源が違います。

 

本当は、

「諸々」「人」

の二つの語源が正解です。

 

ただ、ここからま学べることは

たくさんあります。

 

「諸々」「人」というのは、

「たくさん蓄えている人」

という意味です。

 

普通だったら、

ここでたくさん蓄えているというと、

”お金”を蓄えていると考えがちですが、

それは、間違いです。

 

本当のお金持ちは、

知識・情報を蓄えています

 

圧倒的な知識量ゆえに

膨張な財産を得ることができるわけです。

 

億越えのビジネスマンに会うと、

毎回圧倒されます。

 

圧倒されるといっても、

その中には信頼と安定感があります。

 

だから、

仕事が舞い込んできて、

お金も増えていく。

 

今、実績が出せていない人も

焦らずに知識と行動、環境に

しっかりと自己投資しましょう!

 

ある一定ラインまで到達したら、

しっかりお金もついていきます。

 

1か月で僕も実績を出せたわけなので

不可能ではありません。

 

ぜひ、知識・情報を蓄える人間を

目指してください。

 

 

最後に

f:id:kuribotch:20200802225726j:plain

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は言霊*1思想なので、

結構信じるか信じないかはあなた次第です。

 

ただ、働いたり、お金を取られるより、

ずっと簡単なことだと思うので、

だまされたと思って一回死ぬほど

信じ切ってみてください!

 

自分の可能性にも、

信用できる師匠にも。

 

また、最後にお話した

知識を蓄える人間も

ぜひ目指してください!

 

以上。

 

*1:言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。言霊(ことたま)は、森羅万象がそれによって成り立っているとされる五十音のコトタマの法則のこと。その法則についての学問を言霊学という。